正しいビューラーの使い方とおすすめビューラーのご紹介

正しいビューラーの使い方とおすすめビューラーのご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

――正しいビューラーの使い方について教えてください。

ビューラーでまつ毛を上げるときは、根本から毛先まで、3~4回に分けてカールさせるようにします。

ビューラーを上に向けがちですが、下に軽く引っ張りながら、根本から毛先に向けて、力加減をゆるめて使います。

下まつ毛でビューラーを使う場合は、上まつ毛に使う場合とは逆にビューラーを持って、根本からカールさせます。

下まつ毛は上まつ毛よりも長さがないので、普通のビューラーを使いづらいなら、部分用のビューラーか、ホットビューラーを使うといいと思います。

ビューラーで上げたまつ毛のカールを持続させる方法もあります。

ビューラーをドライヤーで温めてから、まつ毛をカールさせて、そのあとに冷たいビューラーでもう一度カールさせると、取れにくいカールができ上がります。

ドライヤーでビューラーを温める時間は、5~6秒で十分です。

出先など、ドライヤーがない場合は、ちょっと危ないですが、ライターでビューラーを炙って、温めて使ってもいいです。

その場合は、目元に当てるときに、温度が熱くないのを確認してから使ってください。

ビューラーがないときの裏ワザ

もし旅行先などで、ビューラーやホットビューラーを忘れてしまったら、マスカラを先に付けて、乾く前に指でまつ毛を根本から立ち上げるように押さえてください。

このとき、少し指先をこすって温めると、指の温度で自然にカールさせることができます。

マスカラが乾いてしまうとカールさせることができません。乾く瞬間にかたちづけることができるので、片方ずつ交互に、こまめに指でカールさせてください。

もしビューラーを忘れてしまったら、やってみてください。

――いい裏ワザですね。

そうですね。いざというときに使えると思います。

おすすめのビューラー

――おすすめのビューラーはありますか?

目の幅が広めの人には、資生堂のアイラッシュカーラーで1,000円のものがあります。

Sビューラー

目の幅やかたちによって、ビューラーは使いやすいものと使いづらいものがあります。

目の幅の大きい人は、資生堂のものが向いています。

目の幅が狭い人、日本人は狭い人も多いですが、上がりづらいまつ毛に効果があるのは、キッカのパーフェクトアイラッシュカーラーです。これは値段は3,000円しますが、いいですよ。

資生堂のミニアイラッシュカーラーは、小さくて、目の先や下まつ毛を上げるのに使えます。これは800円です。

ビューラーsミニ

まつ毛を1本1本、広がりのあるまつ毛にして、下まつ毛にも使えるホットビューラーで、まつげくるんという商品があります。

温度でまつ毛を上げるホットビューラーで、綺麗に上がりますよ。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター紹介

RIKAE.MAKE

RIKAE.MAKE プロのメーキャップアーティストとして20年以上、過去に4万人以上に対して美容のトータルアドバイス。美容整形を超える錯覚メイクと呼ばれており、有名人、著名人のメイクも数多く担当している。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>